手軽に膣トレを初めて様々なメリットを得よう

鍛え方

ウーマン

膣の緩みに悩んでいる女性の方は少なくありません。加齢や出産などの影響で骨盤底筋の筋力が低下することで膣が緩んでしまうのです。このような膣の緩みは基本的に膣トレをすることで解消できます。トレーニングも簡単に始められるので、膣の緩みに悩んでいる方はトレーニングを実践してみましょう。まず、膣トレの方法ですが、立って行うタイプや横になって行うタイプがあります。いくつか紹介するので、自分に合っている方法でトレーニングを始めてみましょう。それでは、立って行うタイプのトレーニングですが、脚を肩幅程度の感覚に開きます。身体の力は抜き、リラックスしましょう。息をゆっくり吸いながら5秒程膣を締めます。コツはお尻の穴に力を入れるようなイメージで膣を締めるのです。自分の限界まで力を入れ、5秒間締め上げます。最後は息を吐きながら力を抜きますが、こちらも5秒を目安にしましょう。次が仰向けで行う膣トレです。まず横になって仰向けに寝ます。膝は立てた状態で足の裏を床につけましょう。そして、立って行う時と一緒の感じで膣を占めていきます。仰向けになって行う場合は、脚を伸ばしてかかとを10cm程浮かしながらトレーニングを行うと効果も高くなるのでチャレンジしてみましょう。最後にお風呂で行う膣トレです。身体が温まった状態で始めることができるので、血流もアップして健康にも良いでしょう。湯船に使った状態で脚を伸ばしてから行います。基本的な膣の締め方は立って行うタイプや仰向けになって行うタイプと変わりません。膣を締めたり緩めたりを繰り返します。5回から10回程度でも十分な効果が期待できるでしょう。